漬物樽でミミズのコンポストを作る

ミミズの仮住居を昨日作ったが、早速本宅を作ることに決めた。

ミミズのコンポストを作る(仮設住宅編)

ミミズは家の大きさに合わせて勝手に数を調整してしまうので、ミミズを増やしたい場合は大きい家を作って上げなければいけない。

60×60くらいの箱で、だいたいキャパは1万で福岡国際センターくらいだ。僕はホームセンターで色々と物色した結果、漬物樽を選択した。

漬物樽でミミズコンポスト製作

コンポスターは数多く売っているが、何気に高い。大抵2万以上かかってしまう。エコでクリーンな思想を持っている人の多くが、これを自作することを勧めている。

ミミズコンポストの設計図

こんな感じで行こうと思う。わかりにくいけど、下からミミズの液肥が出てくる仕組みになっている。このコップのようなものに溜まっていく液肥は植物がとても喜ぶ成分になっている。使うときは10倍くらいに薄めて使う。

ミミズコンポストで用意するもの

  • 漬物樽
  • 同じくらいの大きさの樹脂のザル
  • 30センチのチューブ
  • 底に敷く木
  • 若草ジョイント

ミミズコンポストの中に入れるもの

  • ミミズ500匹〜
  • ピートモス1袋
  • 腐葉土1袋
  • ダンボール

入れるものはいろんなことをいう人がいるので、各自好きなものを入れたらいい。

漬物樽の蓋に穴を開ける

漬物樽の蓋に穴を開ける。これが空気穴になる。キリでもギリギリいけそうな感じがするけど、ドリルがあった方がいい。ハンドドリルが1000円くらいで買えるので、持っていない人は電動よりもそっちをおすすめする。

漬物樽の底に排水用のチューブをつける

こんな感じに、チューブをつける。心配なので一応二本つけることにした。隙間は防水性能のある接着剤などで埋めるといい。ちょっとくらい漏れたって大丈夫。虫が入りにくいように、一番細いチューブを用意した。30センチだとホームセンターの計り売りで、20円くらいととても安い。

このチューブを下に設置したペットボトルに繋げて、液肥を回収する仕組みだ。

ミミズコンポスト初号機の完成

手作り感がすごいけど、こんな感じで、ミミズや底土を入れて完成。

2.3日環境にならしてあげるために、生ゴミを与えるのは控えるようにしよう。

以上ミミズのコンポスト作り終了!経過をまたブログで報告することにする。

 

2 COMMENTS

ぽていと

ブログ楽しく読ませてもらってます。ミミズコンポスト、個人的にとても興味深いのでぜひ進捗の更新していただければと思います。

返信する
masumoto

興味を持っていただいてありがとうございます。ミミズのコンポストの状況近日書いてみます!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)