キャプテンスタッグの焚き火台は大満足だった

ルーキーキャンパーからすると、キャンプと言えば焚き火台です。

僕はキャプテンスタッグというメーカーの4800円くらいのものを購入しました。

サイズがほとんど同じのスノーピークの焚き火台は3万近くしてしまうので困ったものです。なぜテント並みの値段なのかという疑問はさておき、僕はこんなに焚き火台に出せません。

キャプテンスタッグの焚き火台

¥4800

アマゾンでの正式名称はこれです。「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキューコンロ 焚火台 ダッチオーブン 1台3役 ヘキサステンレス ファイア グリル バッグ付 M-650」

書いてある通り、1台で3役こなす優秀なやつです。

ビール缶を置くとこのくらいのサイズ感になります。バーベキューと焚き火台とダッチオーブンに使用できます。幅は47センチあり、市販の薪は大抵40センチくらいですから、十分な大きさです。



燃えた感じはこう

こんな感じに燃えます。真っ暗なところで燃やすと、下から漏れる灯りがチラチラと光ってかっこいいです。とっても気に入りました。

収納したらこんな感じ

付属のバッグにこのように収納することができます。薄くてコンパクトです。汚れても車で運ぶ際に安心です

お手入れについて

バーベキューに使ってしまうと油がはねるの必須ですが。焚き火台はそんなに汚くないので、ブラシや刷毛で汚れを落とすくらいで問題ありません。あまり水洗いをしすぎると、かえって錆びてしまう原因になってしまいます。

僕は年に1回ほどたまーに洗うくらいにしようと思います。

洗う際には、使ってすぐに熱々の時に水をかけないようにしてください。熱い金属を急激に冷やすと曲がったりする原因になってしまいます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)