エアライフルがとっても欲しくなった

初年度の猟期が終わった。感想は一言でまあまあ楽しかった。最後の獲物はヒドリガモと言うカモで、たべてみると、マガモやカルガモよりもちょっと癖があった。でも美味しかったよ。

イノシシ、カモ、ウサギなど思ったよりもたくさんの獲物をゲットできた。僕の家の山を縄張りとするオジイ達に追い出されたりもした。僕の家の土地なのに、なんて野暮なことは言うまい。おじいさん達とわいわいやるのもなかなか面白い。

同時に気ままに単独猟というのにも、憧れるようになった。

僕の銃はうるさくて重い。彫刻の美しい26インチ上下二連銃だ。山で担ぐには重い重い。何度も山でぶっ壊してやろうと思った。特別に変な不具合もなく、これからも持ち続けることだろう。最初の銃なので何よりも思い入れがある。

しかし一つ問題がある。散弾で仕留めた鳥ちゃんの肉が体に入った複数の散弾で傷んでしまうことだ。そしてうるさい。火薬だから仕方ないけどね。

僕はカモを撃ちにため池に行った時に、一人の単独のハンターに出会った。そのおじちゃんはFXサイクロンというエアライフルを持っていた。僕の中の男のロマンを司る部分がビビビッと反応したのを確認した。

遠くから見ていると、50メートルほど先のカモに当たった。ほとんど音はしなかった。何より外観が大変にかっこいい。

これは欲しい。話を聞いてみると、50メートルの射撃で500円玉サイズに余裕で収まるらしい。何より音も小さく、パシュって感じで人に迷惑をかけない感じがすごくいい。僕は4月から有害もやるんだけど、これものすごく使えるのではないかいと妄想が膨らんだ。

来年は多分こんな感じのかっちょいいエアライフルを持って、カモを狩ると思う。うーん楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)