年代物の革のナイフケースを手入れする

年代物のナイフとナイフケースをもらったので、手入れをしてみます。30年くらい一度も手入れをされていない物です。味があるといえば聞こえはいいですが、少々汚いとも言えます。革財布の光沢も汚いという人もいますね。

簡単にブラシで埃を落とします。埃を落としたら、汚れ落としで磨いていきます。ボロ布を指にきつく巻きつけて、円を描くようにこすります。靴磨きにも使うステインリムーバーというやつが圧倒的におすすめです。

トコフィニッシュで革の裏側の毛羽立ちを消します。ガラス板や、ガラスのコップでも大丈夫です。ゴシゴシ強めに磨いていきます。

栄養クリームを最後に塗って終了です。ここで根気よくやると良い艶が出ます。くるくるくるくると力を入れすぎないように磨きます。つけすぎると艶がうまく出ません。余談ですが。靴磨きの鏡面磨きは靴のお化粧なので革にはあまりよくありません。放置すると表面がひび割れて汚くなってしまいますし、落とすのも面倒な作業です。

完成しました。本当は糸とバネホックをつけ直したいところですが、どうせ山の中で汚れるのでこのまま使います。革製品は手入れすれば長く使えます。そう言えばこれは30年くらい手入れしていないということだから、手入れしなくても使えますね。

<Before>

<After>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)