狩猟に使うガンカバーを自作しよう!

ハンティング中、銃を持ち運ぶ際に「銃だ!」とはっきりわからないように、隠す必要があります。ガンソックスやガンスリーブいろんな商品があるんだけど、つけたまま発砲できるものがないので、作ってみることにしました。

ちょっとありがちな布だけど、カモ柄の布を買ってきました。

<150×100で¥1200>

銃に合わせて大きめに布を切り、強度を上げるために切り口を縫います。

切口を縫ったら、銃の下部にあたる辺にマジックテープを良い感じに縫い合わせて完成です。ミシンってすごいです。

この通りスリングをつけたまま銃をカバーできます。さらに、構えたまま撃つことができます。布が邪魔して、照星が見えないので感覚で撃つ感じになりますが、銃身部分にカモフラージュテープなんかを巻けば、随分撃ちやすくなるかなと思います。

カバーをずらすと、排莢、装填を行うことができます。自分で使う分には、なかなか悪くないのではないかと思います。

明後日から猟期が始まるので、ようやく狩猟の記事がアップできます。

1 COMMENT

名無しの猟師

かなりお若いですね。いろいろ試してみてください。お互い気をつけて猟期を迎えましょう。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)