狩猟免許で出題される問題はこんな感じ!

これから狩猟免許を取りたい人へ向けて、例題を載せておきます。簡単な試験ですが、不安な方はこれを使って準備をしましょう。

*答えは開閉ボックスにしまってあるので、クリックして答えあわせをしましょう。誤りを探す問題にのみ解説を掲載しています。

出題分野

出題分野は以下のグラフの通りになります。筆記試験は全部で30問出ます。

鳥獣の保護及び管理ならびに狩猟の適正化に関する法令

鳥獣法一般

<鳥獣法の概要>

1:鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律の概要についての次の記述のうち、適切なものはどれか。

ア)主に狩猟免許に関する制度について定めている。

イ)鳥獣保護管理事業計画、鳥獣保護区、鳥獣の捕獲許可及び狩猟免許・登録等に関する制度について定めている。

ウ)猟銃の所持許可、火薬類の譲受・使用許可等に関する制度について定めている。

Answer!!

<鳥獣法の目的>

2:鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律の目的について次の記述のうち、適切なものはどれか。

ア)鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化を図り、もって生物の多様性の確保、生活環境の保全及び農林水産業の健全な発展に寄与することを目的としている。

イ)狩猟を厳しく取り締まることにより、事故防止及び鳥獣の保護繁殖を図ることを目的としている。

ウ)野外レクリエーションの一環として、秩序ある狩猟を普及することにより、国民の健康の増進と自然とのふれあいを推進することを目的としている。

Answer!!

<鳥獣法の担当行政機関>

3:鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律の担当行政機関ついての次の記述のうち、適切なものはどれか。

ア)国では農林水産省、都道府県では自然保護行政・農林水産行政担当部局が担当している。

イ)国では文化庁、都道府県では教育委員会が担当している。

ウ)国では環境省、都道府県では自然保護行政・農林水産行政担当部局が担当している。

Answer!!

<鳥獣法の体系>

4:鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法制度の体系についての次の記述のうち、適切なものはどれか。

ア)鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する制度の仕組みや狩猟者が守らなければいけない決まりは、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律を見れば全てわかるようになっている。

イ)鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する制度の仕組みや狩猟者が守らなければいけない決まりは、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律の他に、関連する政令、環境省令、条例、告示等を見れば全てわかるようにできている。

ウ)鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する制度の仕組みや狩猟者が守らなければいけない決まりは、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律の他に、自然環境保全法及び絶滅の恐れのある野生動物の種の保存に関する法律を見れば全てわかるようにできている。

Answer!!

狩猟鳥獣

<狩猟鳥獣の種類>

5:狩猟鳥獣の種類についての次の記述のうち、正しいものはどれか。

ア)コジュケイ、ヤマシギ、スズガモ、マガモは全て狩猟鳥獣。

イ)スズメ、ウミアイサ、ハシビロガモ、オカヨシガモは全て狩猟鳥獣。

ウ)ヒドリガモ、クロガモ、キンクロハジロ、アカハジロは全て狩猟鳥獣。

Answer!!
 *イ:ウミアイサ、オカヨシガモ× ウ:アカハジロ×

6:狩猟鳥獣の種類についての次の記述のうち、正しいものはどれか。

ア)ツキノワグマ、カモシカ、イノシシ、ニホンザルは全て狩猟鳥獣。

イ)ヌートリア、イタチ(♂)、キツネ、アナグマは全て狩猟鳥獣。

ウ)タヌキ、シマリス、ノウサギ、ユキウサギ、イタチ(♀)は全て狩猟鳥獣。

Answer!!
 *ア:カモシカ、ニホンザル× ウ*イタチ♀×

7:狩猟鳥獣の種類についての次の記述のうち、狩猟獣だけを列記しているものはどれか。

ア)ニュウナイスズメ、キジバト、ゴイサギ、ドバト、ヒドリガモ

イ)スズガモ、ビロウドキンクロ、ミヤマガラス、カケス、カワウ

ウ)バン、タシギ、ホシハジロ、キンクロハジロ、クロガモ

Answer!!
 *ア ドバト×イ ビロウドキンクロ、カケス×

8:狩猟鳥獣の種類についての次の記述のうち、狩猟獣だけを列記しているものはどれか。

ア)タイワンリス、イノシシ、ムササビ、テン、モモンガ

イ)シマリス、キツネ、タヌキ、アナグマ、イタチ♂

ウ)ヌートリア、オコジョ、ノウサギ、ユキウサギ、ツキノワグマ、ニホンリス

Answer!!
 *ア ムササビ、モモンガ× ウ オコジョ、ニホンリス×

9:狩猟鳥獣の種類についての次の記述のうち、狩猟鳥獣でないものはどれか。

ア)ゴイサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ

イ)ツキノワグマ、ヒグマ、タヌキ、キツネ、モモンガ

ウ)クロガモ、バン、ヤマシギ、キジバト

Answer!!

10:狩猟鳥獣の種類についての次の記述のうち、誤っているものはどれか。

ア)コジュケイ、カワウ、キジバト、ニュウナイスズメは狩猟鳥獣。

イ)アオバト、オナガ、ドバト、イタチ♀、オコジョは全て狩猟鳥獣。

ウ)オオバン、ホオジロガモ、シマリス、ヤマネ、テンは全て狩猟鳥獣。

Answer!!
:オオバン、ホオジロガモ、ヤマネ×

11:狩猟鳥獣の指定についての次の記述のうち、適切なものはどれか。

ア)狩猟鳥獣は、環境大臣により定められている。その種類は常に一定であり、鳥類が28種、獣類が20種の合計48種である。

イ)狩猟鳥獣は、環境大臣および都道府県知事により定められている。その種数は各都道府県により異なっており、平均すると鳥類が28種、獣類が20種の合計48種である。

ウ)狩猟鳥獣は、環境大臣により定められている。その種数は鳥獣の生息数等に応じて見直されており、現在は鳥類が28種、獣類が20種の合計48種である。

Answer!!

12:狩猟鳥獣の指定及び捕獲禁止規制についての次の記述のうち、適切なものはどれか。

ア)狩猟鳥獣の指定及び狩猟鳥獣の一時的な捕獲禁止規制は、いずれも環境大臣が都道府県知事と協議して実施している。

イ)狩猟鳥獣の指定は環境大臣が実施しており、狩猟鳥獣の一時的な捕獲禁止規制は都道府県知事が実施している。

ウ)狩猟鳥獣の指定は環境大臣が実施しており、狩猟鳥獣の一時的な捕獲禁止規制は環境大臣または都道府県知事が実施している。

Answer!!

13:狩猟鳥のひな及び卵の捕獲規制についての次の記述のうち、適切なものはどれか。

ア)狩猟により、捕獲することができる鳥獣は、狩猟鳥獣に指定されている鳥獣の全て(ひなや卵を含む)である。

イ)狩猟により捕獲することができる鳥獣は、狩猟鳥獣に指定されている鳥獣が基本であるが、生息数がすくなっている狩猟鳥のひなや卵については、一時的に狩猟が禁止されている。

ウ)狩猟により捕獲することができる鳥獣は、狩猟鳥獣に指定されている鳥獣が基本であるが、狩猟鳥のひなや卵の全てについては狩猟の対象とされていない。

Answer!!
ウ ひなや卵は×

14:狩猟鳥獣の捕獲規制についての次の記述のうち、適切なものはどれか。

ア)狩猟により、捕獲することができる鳥獣は、狩猟鳥獣に指定されている鳥獣の全て(ひなや卵を含む)である。

イ)狩猟により捕獲することができる鳥獣は、狩猟鳥獣に指定されている鳥獣が基本であるが、生息数がすくなっている狩猟鳥のひなや卵については、一時的に狩猟が禁止されている。

ウ)狩猟により捕獲することができる鳥獣は、狩猟鳥獣に指定されている鳥獣が基本であるが、狩猟鳥のひなや卵の全てについては狩猟の対象とされていない。

Answer!!
ウ ひなや卵は×

狩猟免許と猟具

15:狩猟免許の種類についての次の記述のうち、適切なものはどれか。

ア)わな猟免許を取得している者が使用できる猟具は、環境大臣が定めた網及びわなである。

イ)第一種猟銃免許を取得している者が使用できる猟具は、環境大臣が定めた装薬銃である。

ウ)第二種銃猟免許を取得している者が使用できる猟具は、環境大臣が定めた空気銃である。

Answer!!

16:狩猟免許の種類についての次の記述のうち、適切なものはどれか。

ア)網猟免許を取得している者が使用できる猟具は、環境大臣が定めた網及びわなである。

イ)第一種銃猟免許を取得している者が使用できる猟具は、環境大臣が定めた装薬銃(散弾銃・ライフル銃)及び空気銃である。

ウ)第二種銃猟免許を取得している者が使用できる猟具は、環境大臣が定めた装薬銃(散弾銃・ライフル銃)及び空気銃である。

Answer!!

17:狩猟に使用できる猟具の種類についての次の記述のうち、適切なものはどれか。

ア)わな猟免許を取得している者が使用できるわなは、くくりわな、はこ
わな、はこおとし、囲いわな、おしである。

イ)わな猟免許を取得している者が使用できるわなは、くくりわな、はこわな、はこおとし、とらばさみである。

ウ)網猟免許を取得している者が使用できる網は、むそう網、はり網、つき網、なげ網である。

Answer!!
ウ おし、とらばさみ×

18:猟法の使用規制についての次の記述のうち、適切なものはどれか。

ア)狩猟に使用できる猟法の種類は、狩猟免許の種類に応じて決められて 一生おり、その範囲内であればすべての猟法を使用することができる。

イ)狩猟に使用できる猟法の種類は、狩猟免許の種類に応じて決められて いるものが基本である。しかし、一部の猟法の使用については、鳥獣の保護繁殖等を図るために、市町村長の許可を受けることとされている。

ウ)狩猟に使用できる猟法の種類は、狩猟免許の種類に応じて決められて いるものが基本である。しかし、一部の猟法については、鳥獣の保護繁 殖等を図るために、使用が禁止されている。

Answer!!

 

非常に面倒な作業ゆえ随時更新!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)