キャンプの基本マナー

キャンプ場では、みんなが気持ちよく過ごしたいものです。

キャンプをする上で、必要なマナーはそれほど難しいものではありません。「みんなが楽しく過ごせるように」と意識しましょう。

キャンプ場でもご近所さんが、いる場合が多くあります。ご近所さんの迷惑にならないように、同じキャンプ場の利用者が、快適にすごせるように配慮するのが基本です。ゴミの分別など、細かいルールはキャンプ場によって、異なるのでしっかりと確認してから楽しくキャンプをしましょう。

あいさつをしてみよう!

ご近所のキャンパーさんには、きちんとあいさつをしましょう。短い付き合いになりますが、お互い心地よく過ごせるようになります。思わぬアクシデントは誰にでも起こり得ます。ピンチのキャンパーさんがいたら、助け合いましょう。

他人のキャンプサイトを横切らない

フリーサイトのようなシステムのキャンプ場の場合、キャンプサイトの区画がわからず、うっかり横切ってしまうことがあります。やむを得ない場合、一言断りを入れてから横切らせてもらってください。そのほうが感じが良いです。

区画をはみ出さない

区画があらかじめ決められているキャンプ場では、タープやテントを立てる際に、はみ出してしまわないよう注意しましょう。車と普通の大きさのテントでいっぱいになってしまうような場所もあります。テントとタープをうまくつなげたり、小型のものを使ったりして工夫をしましょう。

夜は静かに、普段より早めに眠ろう

焚き火を囲んでいつまでも夜を楽しみたいところですが、小さな子供づれのキャンパーなどすでに眠っている場合もあります。車のエンジンをかけるなど、大きな音を出すのは控えて、静かな夜を楽しみましょう。

キャンプ場の施設を綺麗に使おう

炊事場の汚れを磨いたり、場内のゴミを拾ったり、みんなが気持ちよく使えるように行動しましょう。一人一人の気遣いで、快適なキャンプ場は作られます。

キャンプ場の施設は譲り合う

共用の炊事場はご飯時に、かなり混雑します。早めに用意して、混雑を避けることをお勧めします。キャンプ場に来てまで、長蛇の列に並ぶなんて本当にイライラします。

ゴミの分別をしっかり

キャンプ場によってゴミ分別のルールは、ちがいます。受付を済ませたら、まずは分別方法を確認しましょう。

ペットは責任を持って管理しよう

ペットと一緒にキャンプはとても楽しいものですが、犬を怖がる人もいますし、近所の犬と喧嘩をしてしまうこともあります。常にリードに繋いでおきましょう。ドッグランが併設されているところもあるので、そっちを利用しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)