かんたんに炭火を起こすTips

バーベキューに欠かせないのが、炭に火をつけることです。着火もコツを掴めば、ものすごく簡単ですが、普段やっていないと手間取ってしまうこともありますね。

この記事では、炭火の簡単な起こし方を紹介しています。

炭の種類

成形木炭

→木炭の粉末を圧縮したもの、木材で言うと合板的なもの。安くて質が悪い。

黒炭

→ナラ、クヌギ、カシなど低温で作った炭。まあまあ安い。火がつきやすく、消えにくい。白炭よりは燃焼時間が短い。オススメ

白炭

→ウバメカシなどを高温で焼いて炭にしたもの。高価なものが多い。燃焼時間が長く安定している。火がつきにくく、火を保ちにくい。達人向け。

用意するもの!

  • 着火剤
  • マッチ
  • 軍手
  • 火箸
  • うちわ

炭火をつける順番(イラストで紹介)

 

①着火剤を囲むように炭を並べる

炭で円を描き、真ん中に着火剤を置く。火をつけるために、窓を1箇所だけ空けておく。

②その上にさらに積み上げていく

崩れないように上に組んでいきます。中に空洞を作るように、塔の中心を空けるように。上に行くほど炭の数を減らしていきましょう。

③着火

一番下の窓から着火します。

*着火剤に火をつけると、炭を組み上げた塔の中を、火が昇っていきます。たくさんの炭に、まんべんなく火をつけられる方法で、あまり経験がない人でも簡単です。中身を筒状にすることで、暖められた空気が上に昇って行くのに伴い、火が上に上昇します。

④火がついたところで崩します

内部が赤々としてきたら、炭の塔を崩しましょう。しばらくすると炭全体に火が広がります。

炭火の火力調整

炭をまんべんなくではなく、左はたくさん、右は少しという具合にアンバランスに配置しましょう。火力を弱めたいときは、炭の少ない場所に具材を移動させます。

火起こし注意点‼︎

平らなところでしよう

斜めの場所、凸凹な地面では焚き火やグリルを設置すると危険です。何かのひょうしに、倒れたりすることがあります。できるだけ平らなところに設置しましょう。

ジェル着火剤の継ぎ足しはNG

ボトルを近づけたら、引火してしまいます。やめてください。

炭火は完全に消す

炭が赤く見えなくなっても、火は消えていないので火箸を必ず使いましょう。火傷をしてしまいます。炭は水につけるか、火消しツボなどに入れて空気を遮断して完全に消しましょう。

以上かんたんに炭火を起こすTipsでした!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)